おりものが増える ~ 妊娠の兆候

おりものが増える

女性にとっておりものは、身体の変化と密接な関係があるるといわれています。
おりものは、女性ホルモンと関係が深いため、特に排卵前後や妊娠した場合には、量が増えるそうです。

 

排卵前後のおりものの量と、妊娠した時の量では、妊娠した時のほうが増える量が多くなるようです。

 

生理が遅れて、おりものの量が普段よりもはるかに増えた場合は妊娠している可能性があるようです。

 

妊娠中のおりものは、ホルモンや新陳代謝の影響で増えるといわれています。
妊娠によって分泌される黄体ホルモンの影響で子宮や膣が柔らかく、大きくなり、おりものの分泌もさかんになるため、量が増えるとの事です。

 

おりものの、色やにおいに対しても注意しておきましょう。
無臭で乳白色のもので、かゆみもなく、ただ量が増えただけなら妊娠の影響によるものと考えられるようです。

赤ちゃんをも守るため

おりものシートなどを上手に利用するのもよいのですが、きちんと交換しないと反対に不潔になってしまいますので、注意しながら快適に過ごせるように工夫しましょう。

 

妊娠中のおりものは、雑菌が入らないようにして胎児を守るという役割があるそうdす。

 

妊娠初期よりも週数がすすむにつれ、さらにおりものは増えていき、臨月では最も多くなるそうです。
これは出産の時に赤ちゃんが産道を通るときの潤滑油の役割りをもっているからだそうです。

 

しかし、おりものの中でも、色が黄色っぽいものや黄緑っぽいもの、血液が混じった褐色のものなどは注意が必要で、かゆみが伴う場合などは、何かの異常や病気も考えられますので病院を受診しましょう。

 

病院ではおりものを採取して調べることで、異常があれば適切な処置をしてもらえますのです、おりものがいつもと違う場合などは病院へ行くことをおすすめします。
時には子宮がんや卵巣がんなどの重大な病気が隠れていることもあるようですので、注意が必要ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク